PVプロボノ・クリエイター利用規約

この利用規約(以下「本規約」といいます。)は、特定非営利活動法人PVプロボノ(以下「当団体」といいます。)が提供する「プロボノクリエイター・マッチングサービス」(以下「本サービス」といいます。)の利用に関する条件および当団体とクリエイター(以下「クリエイター」といいます。)との間の権利義務関係を定めるものです。 本サービスを利用していただくためには、本規約の全文をお読みいただき、本規約に同意いただく必要があります。

1. 【定義】

本規約において使用する用語を、以下のように定義します。

a.「ソーシャルプロジェクトオーナー」とは、本サービスを利用して、クリエイターに対し映像制作を依頼する者を意味します。
b.「映像成果物」とは、クリエイターが本サービスを利用して制作した映像作品を意味します。
c.「最終成果物」とは、映像成果物のうち、ソーシャルプロジェクトオーナーに対し納品した成果物を意味します。
d.「素材」とは、本サービス上でクリエイターがソーシャルプロジェクトオーナーの依頼に基づき撮影した映像、音声、デザインその他のコンテンツで、かつ最終成果物に含まれないコンテンツを意味します。
e.a. 「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含みます。)を意味します。なお、本規約においては、映像成果物、最終成果物及び素材に含まれる個人の外貌および身体的特徴等に関する画像ならびに音声等は、プライバシー情報または個人情報に含むものとします。
f.a. 「プロジェクトリーダー(以下「リーダー」と略称する。)」とは、個々のプロジェクトについて、当団体の運営方針に則り担当事務局と協力して、クリエイターのチームビルディング、ソーシャルプロジェクトオーナーとクリエイターとの各種調整等を行う者として、プロジェクトリーダーとしての活動を希望するクリエイターとの合意に基づき当団体が選定した者をいう。

2. 【規約への同意】

2.1.クリエイターは、あらかじめ本規約に有効かつ取消不能な同意をしないかぎり本サービスを利用することができません。
2.2.クリエイターが未成年者である場合は、親権者など法定代理人の同意を得た上で本サービスを利用する必要があります。
2.3.クリエイターが本サービスの利用を開始した場合は、本規約に有効かつ取消不能な同意をしたものとみなされます。
2.4.本サービスについて本規約のほかに個別の利用規約等が存在し、あるいは追加された場合は、クリエイターは本サービス利用にあたって当該利用規約等にも従う必要があります。

3. 【規約の変更】

3.1.当団体は、あらかじめクリエイターに通知することなく、いつでも本規約を変更できるものとします。この場合、変更後の本規約は当団体所定の方法で通知します。
3.2.クリエイターは、本規約の変更後も本サービスの使用を続けることによって、変更について有効かつ取消不能な同意をしたものとみなされます。

4. 【映像の制作】

4.1クリエイターは、本サービス上に登録されているソーシャルプロジェクトオーナーによるプロジェクトを選択し、各プロジェクトにおいて募集されているリーダーまたはポジション(企画、編集、音楽作家、MA、カメラマンなど)エントリーを行います。
4.24.1 当団体は、リーダーを希望するクリエイターの中から個々のプロジェクトのリーダーを合意に基づき選定します。リーダーは、当団体運営の方針に則り担当事務局の協力のもと、クリエイターによるエントリーに対し、エントリーしたクリエイターとプロジェクト、ソーシャルプロジェクトオーナーとの間のマッチングを考え、適合すると判断した場合には個別に連絡を取り、必要に応じて面会等を行い、マッチングを行うことができます。ただし、当団体およびリーダーは、クリエイターに対し、エントリーしたプロジェクトとのマッチングが成功することを何ら保証いたしません。また、クリエイターは、リーダーおよび当団体によるマッチングの決定に対し、一切異義を唱えないものとします。
4.34.1 プロジェクトにエントリーしたクリエイターとソーシャルプロジェクトオーナーの面会後、リーダーおよび当団体がマッチングに成功したと判断した場合、当団体はソーシャルプロジェクトオーナーとの間で所定の手続にしたがい本サービスに基づく同意書を作成いたします。ソーシャルプロジェクトオーナーによる本同意書の提出をもって、リーダーを含むクリエイターとソーシャルプロジェクトオーナー間の本サービスに基づく映像制作業務委託契約が成立します。なお、当団体は、あくまでクリエイターとソーシャルプロジェクトオーナーとのマッチングをサポートする者であり、かかる契約の当事者となるものではありません。
4.4本サービスに基づく映像制作業務の対価は、無償です。
4.54.1 ソーシャルプロジェクトオーナーが最終成果物の商用利用を希望する場合、ソーシャルプロジェクトオーナーは、リーダーに対し、その旨をクリエイターが制作に着手するまでに通知を行い、リーダーと協議を行うものとします。なお、当団体は必要に応じて当該協議に関与することができるものとします。
4.64.1 クリエイター(リーダーがクリエイターを兼ねる場合はリーダーを含みます。以下においても特に指摘のない限り同様とします。)は、ソーシャルプロジェクトオーナーとの間で合意した納期までに、最終成果物を納品しなければなりません。クリエイターは、ソーシャルプロジェクトオーナーに対し、原則としてデータの形態で納品するものとしますが、ソーシャルプロジェクトオーナーがDVD、ブルーレイ等の映像用記録媒体を希望する場合には映像用記録媒体の形態で納品することも可能です。
4.7クリエイターは、最終成果物に音楽を使用する場合には、権利処理が不要なものをクリエイター自身の責任で選択するものとします。ただし、当団体の事前の書面による承諾がある場合には、この限りではありません。
4.8ソーシャルプロジェクトオーナーが最終成果物について商用利用を希望する場合、クリエイターは、最終成果物について、可能なかぎり、最終成果物が商用利用も可能なものとなるように、最終成果物を構成するコンテンツ等について注意を払うものとします。
4.94.1 クリエイターは、制作コンテンツの作成にあたって第三者の知的財産権(定義は後述します。)および肖像権、プライバシー権その他一切の権利を侵害してはなりません。当団体は、クリエイターが第三者の権利を侵害した場合であっても何ら責任を負わず、クリエイターは当該第三者との紛争を自らの責任および費用をもって解決するものとします。
4.10ソーシャルプロジェクトオーナーは、クリエイターから最終成果物の納品を受けた日から10日以内(以下「検査期間」といいます。)に、当該最終成果物がソーシャルプロジェクトオーナーとクリエイターが合意した仕様または基準に達したものであるかを検査します。クリエイターは、かかる検査により、最終成果物があらかじめ合意した仕様または基準に達したものと判断された場合、ソーシャルプロジェクトオーナーは検査合格通知(電子メールも含みます。)をクリエイターに対し交付します。同検査によりソーシャルプロジェクトオーナーとクリエイターがあらかじめ合意した仕様または基準に達していない場合には、ソーシャルプロジェクトオーナーはクリエイターに対し、速やかにその旨を通知し、補正を求めることができ、クリエイターはそれに応じなければなりません。
4.11前項に定める検査合格書が交付されない場合であっても、検査期間中にソーシャルプロジェクトオーナーから異議の申出がない場合(電子メールも含みます。)は、検査期間の満了をもって検査に合格したものとします。
4.12前2項の検査合格をもって、クリエイターの制作業務は検収完了とします。

5. 【最終成果物に関する権利】

5.1最終成果物に関する著作権(著作権法第27条および第28条の権利を含みますが、これに限られません。以下、同様とします。)その他一切の権利は、検収完了と同時に、ソーシャルプロジェクトオーナーに移転します。
5.2クリエイターは、最終成果物に関し、著作者人格権(公表権、同一性保持権、氏名表示権および著作権法第113条第6項が規定するいわゆる名誉声望保持権をいい、将来法改正等により新たな権利が追加された場合には当該権利も含まれます。)を保持しています。
5.35.1の規定にかかわらず、クリエイターは、最終成果物を、自己の広告宣伝(ウェブ、コンペ等)の目的または自主上映の目的その他これらに類する目的のために、地域または期間の限定なく、無償で利用する権利をあらかじめ許諾します。
5.4ソーシャルプロジェクトオーナーが最終成果物の改変または再編集を希望する場合、かかる改変または再編集作業は原則として有償とし、クリエイターは金額等の条件についてソーシャルプロジェクトオーナーと直接協議を行ってください。
5.5クリエイターは、その売上げのうち一定の割合に相当する金額の分配を受けることができます。当該割合については、当団体、ソーシャルプロジェクトオーナーおよびクリエイターで別途協議のうえ決定します。

6.【素材に関する権利】

6.1 素材に関する著作権は、当該素材を作成した各クリエイターに帰属します。当該素材を複数のクリエイターが作成した場合には、当該素材に関する著作権は作成したクリエイターらで共有とします。いずれのクリエイターが作成したか不明な素材に関する著作権については、当団体がその帰属について決定するものとし、クリエイターは当団体の判断に従うものとします。具体的にどの素材に関する著作権が、どのクリエイターに帰属するかについては、当該プロジェクトに参加するクリエイター間で別途協議を行います。
6.2 SPO同意書の特記事項に素材の少制限がなされている場合は、それに従います。
6.3 クリエイターは、前号の使用制限がない場合においても、素材に第三者のプライバシーに関わる画像、音声等が含まれる場合には、その利用または公表等に関して、社会通念上相当な配慮を行うものとします。

7.【本サービスのコンテンツに関する権利】

7.1本サービスの文章、写真、デザイン、映像、音声、プログラム、ロゴ、ノウハウその他本サービスの一切のコンテンツに関する著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権等の知的財産権(それらの権利を取得し、またはそれらの権利につき登録等を出願する権利も含むものとします。以下、総称して「知的財産権」といいます。)その他一切の権利は、すべて当団体に帰属します。
7.2当団体は、クリエイターに対し、本サービスを利用する目的に限り、本サービスに関する知的財産権の非独占的な利用を許諾します。クリエイターは、かかる目的の範囲内において、本サービスにおいて提供されるコンテンツを利用することができます。
7.3クリエイターは、第三者に対して、本サービスを利用する権利を譲渡しまたは利用を再許諾することはできません。

8. 【プライバシー】

8.1当団体は、クリエイターのプライバシーを尊重しています。
8.2当団体は、クリエイターのプライバシー情報と個人情報を、プライバシーポリシーに従って適切に取り扱います。
8.3当団体は、クリエイターから収集した情報を安全に管理するため、セキュリティに最大限の注意を払っています。
8.4当団体は、個々のプロジェクトのリーダーに対して、同リーダーから当法人所定の個人情報等に関する誓約書の提出を受けた上で、当該プロジェクトにおけるリーダーの役割の遂行に必要かつ相当の範囲および期間内に限り、クリエイターのプライバシー情報と個人情報の一部を、閲覧または利用させることができるものとし、クリエイターは予めこれに同意するものとします。

9. 【本サービス内容の変更およびサポート】

当団体は、当団体の都合により、本サービスの内容を変更し、または本サービスについてのサポートを終了することができます。この場合、当団体はクリエイターに事前に通知するものとします。

10. 【禁止事項】

クリエイターは、本サービスの利用に際して、以下に記載する行為を行ってはなりません。

a.法令、裁判所の判決、決定もしくは命令、または法令上拘束力のある行政措置に違反する行為
b.公の秩序または善良の風俗を害するおそれのある行為
c.当団体または第三者の知的財産権、名誉権、プライバシー権、肖像権、パブリシティ権その他法令上または契約上の一切の権利を侵害する行為
d.当団体または第三者の名誉・信用を毀損または不当に差別もしくは誹謗中傷する行為
e.当団体または第三者に対する経済的損害を与える行為
f.当団体または第三者に対する脅迫的な行為
g.過度に暴力的な表現、露骨な性的表現、人種、国籍、信条、性別、社会的身分、門地等による差別につながる表現、自殺、自傷行為、薬物乱用を誘引または助長する表現、その他反社会的な内容を含み他人に不快感を与える表現を、制作または送信する行為
h.当団体または第三者になりすます行為または意図的に虚偽の情報を流布させる行為
i.営業、宣伝、広告、勧誘、その他営利を目的とする行為(当団体の認めたものを除きます。)、性行為やわいせつな行為を目的とする行為、他のクリエイターに対する嫌がらせや誹謗中傷を目的とする行為、その他本サービスが予定している利用目的と異なる目的で本サービスを利用する行為
j.反社会的勢力に対する利益供与その他の協力行為
k.宗教活動または宗教団体への勧誘行為
l.他人の個人情報、登録情報、利用履歴情報などを、不正に収集、開示または提供する行為
m.技術的手段を利用して本サービスを不正に操作する行為、本サービスの不具合を意図的に利用する行為、同様の質問を必要以上に繰り返す等、当団体に対し不当な問い合わせまたは要求をする行為、その他当団体による本サービスの提供または他のクリエイターによる本サービスの利用を妨害し、これらに支障を与える行為
n.上記a.からm.のいずれかに該当する行為を援助または助長する行為
o.その他、当団体が不適当と判断した行為

11. 【クリエイターの責任】

11.1クリエイターは、ご自身の責任において本サービスを利用し、本サービスを利用した行為およびその結果について一切の責任を負うものとします。
11.2本サービスの利用により、クリエイターに他のクリエイター、ソーシャルプロジェクトオーナーまたは第三者との間におけるトラブルが生じた場合でも、当団体は一切責任を追わず、かかるトラブルはクリエイターの責任および費用によって対応または解決するものとします。ただし、当団体は、当団体の裁量でかかるトラブルに介入することができるものとします。
11.3当団体は、クリエイターが本規約に違反して本サービスを利用していると認めた場合またはそのおそれがあると認めた場合は、アカウントを停止または削除する等、当団体が必要かつ適切と判断する措置を講じます。ただし、当団体は、本規約に違反する行為を防止しまたは是正する義務を負うものではありません。
11.4クリエイターが本サービスを利用する行為およびその結果によって当団体が損害(弁護士費用含みます。)を被った場合、クリエイターは当団体の請求に応じて直ちに当該損害を補償しなければなりません。

12. 【当団体の免責】

12.1当団体は、本サービスに事実上または法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティなどに関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害などを含みます。)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。当団体は、クリエイターに対して、かかる瑕疵を除去して本サービスを提供する義務を負いません。
12.2当団体は、本サービスのコンテンツが正確なものであることを明示的にも黙示的にも保証しておりません。
12.3当団体は、本サービスに起因してクリエイターまたは第三者に生じたあらゆる損害について一切の責任を負いません。ただし、本サービスに関する当団体とクリエイターとの間の契約(本規約を含みます。)が消費者契約法に定める消費者契約となる場合、この免責規定は適用されません。
12.4前項ただし書に定める場合であっても、当団体は、当団体の過失(重過失を除きます。)による債務不履行または不法行為によりクリエイターに生じた損害のうち特別な事情から生じた損害(当団体またはクリエイターが損害発生につき予見し、または予見し得た場合を含みます。)について一切の責任を負いません。また、当団体の過失(重過失を除きます。)による債務不履行または不法行為によりクリエイターに生じた損害の賠償は、5,000円を上限とします。
12.5当団体は、当団体による本サービスのサポート提供の中断、停止、終了、利用不能または変更、クリエイターによる映像成果物その他コンテンツの削除または消失、その他本サービスに関してクリエイターが被った損害につき、賠償する責任を一切負わないものとします。

13. 【権利義務の譲渡の禁止】

13.1クリエイターは、本サービスに関するクリエイターとしての地位ならびに当該地位に基づく権利および義務を、当団体があらかじめ書面によって承諾した場合を除き、第三者に譲渡しまたは担保に供してはならないものとします。
13.2当団体は本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い本規約上の地位、本規約に基づく権利および義務ならびにクリエイターの登録情報その他の顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、クリエイターは、かかる譲渡につき本項においてあらかじめ同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

14. 【分離可能性】

本規約のいずれかの条項またはその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定および一部が無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

15. 【連絡方法】

15.1本サービスに関する当団体からクリエイターへの連絡は、当団体が運営するウェブサイト内の適宜の場所への掲示その他、当団体が適当と判断する方法により行います。
15.2本サービスに関するクリエイターから当団体への連絡は、当団体が運営するウェブサイト内の適宜の場所に設置するお問い合わせフォームの送信または当団体が指定する方法により行っていただきます。
15.3当団体は、前項に定めるクリエイターからの連絡によって提供を受けたクリエイターの個人情報について、お問い合わせ等に対し回答する目的のために必要な範囲内でのみ使用し、その他の目的では使用いたしません。

16. 【準拠法および裁判管轄】

16.1本規約は日本語を正文とします。
16.2本規約の準拠法は日本法とします。
16.3本規約に起因し、または関連する一切の紛争については、訴額に応じて東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
2017年8月30日 制定
特定非営利活動法人PVプロボノ